TOP

白ギャルか黒ギャルか!ここで風俗利用者たちが決着をつける!各々の体験談をどうぞ!

高級デリヘルで培われる社会力

大人と呼ばれる方はみなマナーやある程度の知識を携えており、社会に出ても恥ずかしく無い最低限の教養はあります。社会的にタブー・マズイとされているのが、やはりマナーがない方なんですよね。気遣いもその中には含まれてきますし、目上の方への接し方は特に厳しく見られており、それが出来ていない人はまず昇給や昇格はないでしょう。ましてや人間関係すら悪くなってしまうので悪いことだらけです。マナーをしっかり守れる方は逆にものすごく気に入られますし、その方に大事にされます。大事にされるという事は出世の近道でもありますし、良好な人間関係を築けるので良い事だらけなのです。常識とマナーは一緒にされがちなんですが、実は少し違ってマナーの方は気遣いの部分が非常に多いんですよね。気遣いは周りをよく見えてる人でないと出来ないことですので、それなりに気にしていなければ出来ることではありません。高級デリヘルでも同じようにマナーや常識が必須になります。風俗店だからといってフランクに対応するのも言葉遣いがなっていない人にはまず勤まりません。清潔感ももちろん必要で高級の名に恥じぬ振る舞いは求められてしまいます。高級デリヘルではルックス、スタイルはもちろんの事、気遣いやマナー、人格までも見られており、採用基準は非常に高く一般企業を凌ぐとも言われています。一流企業並みの面接とまで言われておりますが、そこまで基準を高くする必要が果たしてあるのか、と疑問に感じてしまうかもしれませんがそういった人が性的なサービスをするからこそ、高級デリヘルと言われるのです。高級デリヘルを利用するのは富裕層と言われるごく一部の方が利用します。中には一般層の方も利用しますが、そう何度も利用できるほど高級デリヘルは安くはありませんので、大方利用する方は富裕層の方です。富裕層の方は一流企業の役員やスポーツ選手、政治家等でこの階層の方たちはマナーや教養、一般常識が出来て当たり前と認識している方が多く、生半可なマナーでは指摘されてしまうかもしれません。高級デリヘルに勤める女性にはその対応が出来ることが前提で、尚且つしっかりした肩書きも必要なのです。高級デリヘル店に採用が決まった場合、入店と同時期にマナー講習を受けます。富裕層のお客に対してどう振舞ったら良いのかなど、普段ではまず学ばないことを学べます。変な話ですが高級デリヘルで勤めていた女性は少なからず社会に出ても恥ずかしく無いマナーを学んでいることになります。またサービス中はかなり気を遣って対応するので、勤めるうちに自然と学べるのです。高級デリヘルで勤めていた女性の社会力は非常に高く、どの会社へ行っても恥をかくことはまずないでしょう。


オプション最高

最近は私の住んでいる街にもたくさんのデリヘルができてきて、どれにしようかいつも迷ってしまいます。多分その分だけ消えていっているお店もあるのでしょうが、やっぱり新規オープンしたばかりのデリヘルを利用するのは楽しいですね。まず新規店はオープン記念のイベントをやっていて、何かしらのサービスがついていたり、料金が安くなっていたりするので嬉しいです。一ヶ月ぐらい前にオープンしたというデリヘルを利用したのですが、そのときはオプションが全て無料というイベントを行っていました。オプションの中にはもちろんAFも入っていて、それも無料です。ただ、女の子によって可能かどうかがあるので、私が選んだ女の子はNGでした。ただ、それ以外のオプションは全てOKとのことだったので、おもちゃを使って拘束したり、最後は顔に思いっきりかけたりと、やりたい放題でした。そして終わったあとに仲良くシャワーへと行き、彼女には放尿までしてもらい、満足でした。


つい毎回指名する

つい調子に乗って毎日のようにデリヘルを利用していたら、いつの間にかお金がすごい勢いで減っていたのです。週4日のペースでデリヘルを利用して4ヶ月ぐらい過ごしていたのですが、貯金が90万円以上も消えていたのです。さすがにそれはビックリしましたが、冷静にこれまでの3ヶ月を振り返ってみると、貯金が減っているのは仕方がないと思いました。でも、このまま同じように利用していくのはさすがに無理だと思って、今後は自重するようになりました。でも、今まで頻繁に利用していたのを急に辞めると禁断症状が出てしまうので、今は週三日ほど利用しています。私の給料ではその回数でも収入が追いついていませんが、どうしてもお気に入りの女の子がいるので、なかなかやめられないのです。その女の子は、すごく可愛いというのも一つの理由ではありますが、接し方が優しいですし、色々な私の要求にも喜んで対応してくれるので、つい毎回指名して遊んでしまうのです。


カテゴリ

月別アーカイブ

フリースペース